×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

秋


 八幡岳の春をたずねて (佐賀県)     「里山そのものを残したい」





ハルジオン









2012 5/13

主催ネイチャー佐賀
タクさんのお誘いで、 兵六さん企画の自然観察会に参加しました。


佐賀のリーフさん、お母ちゃん、ミーさん、福岡のhirokoさん、tatiaoiさん、長崎県のそよかぜさんとお友達 ・・・・・

花好きさんが総勢29名。










蕨野の棚田

日本の棚田百選に選ばれています。




誰が考えたのでしょう、こんな面白い事。

ハートを覗いたら、ハートが見えます。
ここに立っただけで 幸せな気分。











今日は 沢山のお花さんに会えました。



モミジウリノキ
クルリンとカールした花が咲きます。



ハナイカダ
葉っぱの真ん中に チョコンとお花さんが。















カノコソウ


ホウチャクソウ












豊かな緑の林の中を散策。









チゴユリ

佐賀県では少なく、とても貴重な花。


ギンリョウソウ

赤い色もあるんですね。























いろんなランさん。














「アッ! 縛られてます。」











お昼は タクさんのホットサンドと
ミツバ、柿の葉、シロツメクサ、タラ、アザミ・・・野草の天ぷらをいただきました。

どちらも出来たて 熱々。
美味しかったです。

おごちそうさま〜。











蕨野の棚田や八幡岳の自然に触れ

子供の頃れんげそう畑で遊んだ事、

あたり一面のきれいな菜の花畑など、懐かしく思い出しました。

ここは 故郷を彷彿とさせる場所です。

と同時に

東北の方々が、原発で故郷に帰れない状況を
フッと思いました。




観察会を終え

 「里山そのものを残したい。」

と言った平六さんの言葉は、深い。


本当に 里山は残さなくてはいけませんね。





お世話してくださった佐賀の皆様 
ありがとうございました。















よろこびの一枚 項目へ



花の写真 TOPへ


山草花