×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

秋

ボントクタデ(凡篤蓼)    こんなに綺麗だったんだ〜




ボントクタデ
タデ科 イヌタデ属


2010 9/11 裏山にて



川沿いを歩いていると






ちょっと遠くから
赤と白色が目に付きました。













近づくと 小さな花が開いている!


タデ科の植物のよう。
よく見かけるが、以外と名前がわからない。

高さは80cmくらい。
 












マクロで撮ると


こんなに綺麗だったんだ〜








葉には、黒斑がある








凡篤蓼の「凡篤」は愚か者の意味だそうです。

よく似た柳蓼が 香辛料になるのに対して
これは 辛みがなく、香辛料にならないので
「凡篤」の名が突いたようです。




実用的でないものは おろかとは。


もっと可愛い名前をつけて欲しかったな〜。












私にとっては

心が慰められるような美しさです。




充分 役立っていますよ〜。










よろこびの一枚 項目へ



花の写真 TOPへ


山草花